試合動画をYouTube へアップロードするための編集Tips

現在YouTubeでサポートされているファイル形式は以下の拡張子をもつファイルになります。

 .MOV / .MPEG4 / .MP4 / .AVI / .WMV / .MPEGPS / .FLV

(更に詳細を知りたい方は YouTube のページをご参照ください。)

そのため、ビデオカメラなどで撮影したmts形式の動画ファイルはmp4形式等に変換する必要があります。 

また、1試合を撮影する際にプレー毎に撮影と一時停止をする場合に複数のmts形式の動画ファイルが生成されますが、

それを1つのファイルにまとめる必要があります。

このページではその作業を半自動化して Windows PCで作業するための手順を説明したいと思います。


1.PCのハードディスクにビデオカメラの動画ファイルをコピーします。

動画の記録先がカメラ本体かSDカードかの設定によりPCへ取り込む方法は異なりますのでその手順はカメラの操作説明書で確認してください。我が家のカメラでは

接続したドライブ(D)の D:\AVCHD\BDMV\STREAM

フォルダにmts形式のファイルが記録されています。それをエクスプローラーでPCのハードディスクに任意のフォルダを作成してコビーします。


2.One Driveの

共有 > 保護者会 > 動画 > ツール のファイルを全て1.で作成したPCの任意のフォルダにダウンロードしてください。

 

 


3.PCのフォルダにある

D01_ListMake.bat をクリックして実行します。

下のように concat_list.txt にフォルダ内のmtsファイルのリストを生成します。


4.次のステップでここにリストされた動画ファイルをすべて一つの動画ファイルに結合しますので不要なシーンの(除外する)mtsファイルはメモ帳などのテキストエディターで開き該当するファイル名の行を削除してください。


5.PCのフォルダにある

D02_AnyMTS_to_1Mp4.bat をメモ帳などのテキストエディターで開き作成するmp4ファイル名を生成したいファイル名に修正して更新します。その後そのファイルをクリックして実行してmp4ファイルを生成します。修正しないで実行した場合

YYYYMMDD_A_vs_xx高校@yy高校G.mp4

というファイルが生成されます。


D02_AnyMTS_to_1Mp4.bat の説明

1行目・・・このファイルが存在するドライブ&フォルダをカレントディレクトリに設定します。

2行目・・・ffmpegを使ってconcat_list.txt にリストした複数の動画(mts)ファイルを1つの動画(mts)ファイルに結合して001.mtsという名前で生成します。

3行目・・・ffmpegを使って2で作成したmts形式の動画ファイルから001.mp4という名前でmp4形式の動画ファイルを生成します。

4行目・・・001.mp4をYYYYMMDD_A_vs_xx高校@yy高校G.mp4という名前に変更します。

 ※ 途中で作成される001.mtsというmts形式のファイルが不要であれば削除してください。


Tips!

複数の試合を一度に試合毎にmp4形式のファイルを作成したい場合、2から4行目をコビーし、2行目のconcat_list.txtを違う名前で作成し、その作成したファイル名を指定することができます。そして4行目で試合別のファイル名を指定して実行すれば、実行が完了するまで放置しておいて大丈夫ですので、別のことをすることができますね。

D02_AnyMTS_to_AnyMp4_sample.bat を参考にして作成するmp4のファイル数分concat_list.txt、concat_list2.txt、concat_list3.txtなどとして作成し、試合毎のファイル名を指定して試してみてください。

また、サイズの大きな動画ファイルが複数作られますのでハードディスクの空き容量にご注意ください。


6.生成されたmp4ファイルをYouTubeの手順に従い、限定公開としてアップロードしてください。

保護者会の皆様に伝えますので、アップロート後のURLをご連絡ください。

よろしくお願いします。